野に咲く花のように

ホトケノザって かわいい~

うさぎさん? バンビ?みたいね

たんぼのあぜ道に いっぱい 咲いていたから 

摘んできたよ

画像


菜の花と 一緒に 差してみたよ

画像



私ね 自分に 息詰まった時にね

この歌を 聞くの 

そしたら 心を 取り戻せるの


     松山 千春さんが 歌う

        ~大空と 大地の中で~

     
                特に ここの部分が 好き

          ♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪

          生きることが つらいとか

          苦しいだとか 言う前に

          野に育つ 花ならば 力の限り 生きてやれ


          ♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪


            私が 元気になれる 魔法の言葉です
        



この記事へのコメント

kazuyoo60
2008年03月19日 17:01
何が気に入らないのか、kazuyoo60で受け付けてくれませんでした。以前、和代と言われたことがあったので、試してみました。名前は変えてません。
ホトケノザ、私はウサギを連想します。水上がりは良いですか。楽しく活けられました。
力の限り 生きてやれ--、私もそう思います。
2008年03月19日 17:03
今日の記事タイトルもまた、私の大好きな歌のタイトルです。
よく自転車こぎながら口ずさみます~~田んぼのあぜ道で(笑)
2008年03月19日 17:29
ホトケノザ:私も好きです。
でもこんなにユニークな表情を持っているとは。
野の花の魅力は、生命力でしょうか。
人のサポートなしに、土・風・雨・太陽の光があれば、四季を生きる。心を溶かして、エネルギーが満ちる、そんな歌に出会えたこと幸いですね。
2008年03月19日 18:07
こんにちは~♪
色あざやかな花・・ホトケノザと菜の花だったのですね。
私も野に咲く花を摘んで、生けるの好きです♪
松山千春さんのこの歌・・・久本雅美さんが「上京する時の一番の思い出の大切な曲だ」と言っていました・・・
心がすこし元気になれる・・・いい歌ですよね♪
2008年03月19日 18:10
>生きることが つらいとか
>苦しいだとか 言う前に
>野に育つ 花ならば 力の限り 生きてやれ
改めて文字で見ると、素敵な言葉です。今の時代、確かに生きづらい世の中ですが、力の限り生きていると何とかなりそうですね。ホトケノザ、「さぁ~、いらっしゃい」と手を広げて待っているような・・・。
2008年03月19日 18:41
ホトケノザ、かわいい手を伸ばしていますね。柔らかないい色です。菜の花の色とぴったり、春の色です。
ひまわり
2008年03月19日 20:58
kazuyoo60さんへ
このところ、うちのブログで、アクセスが、できないなどの不具合が多数、生じています。今、改善されているようです。お手間でしたね。今日のコメントのURL欄が、消えていました。ごめんなさいです。
ホトケノザ、水あげいいみたいです。昨日よりも、籠の中で、花の色が濃くなって咲いています。
kazuyoo60さんも、力の限り~思いますよね・・
ひまわり
2008年03月19日 21:20
まるぽっちさんへ
自転車こぎながら、口ずさんで~いいですね~これからの季節ますます、まるぽっちさんの美声が、たんぼに響くのですね。ダ・カーポの歌、懐かしいです。歌詞を思い出そうと、検索したのですが、しっかり2番まで、歌ってしまいました。こんな、詩の部分が、あったのを、忘れていました。
♪時には 辛い人生も 雨のち曇りで また晴れる♪
でした。こういう詩、大好きです。
2008年03月19日 21:29
コンバンワ 偶然にグランドマザーもほとけのざをブログUPしたのですよ^^  菜園にいっぱい咲いて菜の花もたくさん咲いてたのですがひまわりさんのように切り花として迎えてあげればよかった・・・  雑草としてかたずけてしまいました     春らしく花の季節になりましたね (^-^)
2008年03月19日 21:48
こんばんは。
野に咲く花は逞しい。でも、「ホトケノザ」も「菜の花」も、ひまわりさんの手にかかっては雰囲気が変わってしまいますね。とてもエレガントになりました。家の「ヒメオドリコソウ」も差上げますから変身させて下さいますか?
ひまわり
2008年03月19日 21:59
桂川の乙女さんへ
野に咲く花には、根強い生命力があるのですね。
ブログするまでは、ホトケノザは、可愛い草でしかなかったのですが、アップでみたらこんなかわいい顔をしていたのですね。庭で、はびこっていたら、抜いていたのに、これからは、抜けなくなります~
エネルギーをもらえる歌に出会えました。強い味方です。車でリピートで聞くものですから、子供もしっかり覚えた様子で、車降りても、口ずさんで、苦笑いしています。
ひまわり
2008年03月19日 22:10
ミセスマンデルさんへ
野に咲く花って、けなげで可愛いですね。勝ってすぎるけれど、庭にはびこっていると、ためらいもなく、抜いてしまっている時も、あるんですが・・・
久本雅美さんの大切な曲ですか。上京する時に~わかる気がします。自分に言い聞かせながら、元気になって行けるんです。
ひまわり
2008年03月19日 22:16
湖のほとりから・・・さんへ
>力の限り生きていると何とかなりそうですね。
本当にそう思います。
へなへなってならぬように、自分に言い聞かせたいものです。
ホトケノザ、手を広げて迎えてくれると、うれしくて、飛び込んでいきたくなりますね~
ひまわり
2008年03月19日 22:22
森の生活さんへ
ホトケノザの柔らかな、手をのばしてくれていると、なんだか、安心して、腰を下ろしたくなります。あぜ道に、一面に咲いていたのですが、晴れた日に、腰をおろしてみたくなりました。
ひまわり
2008年03月19日 22:32
グランドマザーさんへ
偶然ですね。菜の花も、一緒でしたね。
ひまわりは、今、春を、感じて、うきうきしています。
蝶々や、ミツバチ君には、悪いのですが、菜の花が、咲いたら、すぐに家の中で、春の香りを楽しむのに、切り花にしてしまいます。
2008年03月19日 22:58
わ~ ホトケノザ摘んで生けるとは思っても見なかったです。
ひまわりさんの発想に又驚かされました。
生けられたホトケノザも雑草から変身させられて菜の花と花かごの中でとても喜んでいるようですね。
ひまわり
2008年03月19日 23:00
庵主さんへ
ヒメオドリコソウを、ひまわりに、くださいますか~
ひまわりにおまかせあれ~と言っておきましょう。
エレガントに変身できましたら、また、褒めてくださいね。ひまわりも、エレガントな女性になりたいなあ~
麦わら帽子が離せないひまわりには、無理だ・よん~
ひまわり
2008年03月19日 23:07
トマトさんへ
今までは、庭にはびこっていたホトケノザを抜いていたんですよ。ブログで、アップの写真、見てから、かごに摘みたくなりました。よく見ると、可愛い花だったのですね。
2008年03月20日 06:47
 ひまわりさんちでは野のホトケノザを活けてみましたか。よくよく見るとかわいらしいのですよね。今、あちこちで花盛りで、紅紫色のじゅうたんのように咲いているところもあり、なかなかアナドレない美しさですね。黄色の鮮やかな菜の花と並ぶと、お互いを引きたてて楽しいですね。

 「野に咲く花のように 風に吹かれて~」という歌も良いですよねえ。
ひまわり
2008年03月20日 08:47
なおさんへ
今、車からも、ホトケノザの赤紫のじゅうたんが、わかるほど、よく咲いていますね。庭ではびこっていると、抜いていたのに、今年は、一転して、生け花にしている自分が、不思議です。ブログのおかげで、今までにない世界を知ることが、できました。なおさんのブログに、飛びこんでよかったです・・・
野に咲く花のように 昔よく歌っていました。
忘れていましたので、検索して、どんな、詞だったか、調べました。しっかり2番まで、歌ってしまいました。♪時には 辛い人生も 雨のち曇りで また晴れる♪
ここの部分の詞が、好きです。
2008年03月20日 16:00
ホトケノザは農家にとっては厄介な雑草、でも雑草と侮ってはいけませんね。沢山の人を慰めてくれる立派な花、ひまわりさんにこんなに綺麗に飾ってもらって、きっと泣いて喜んでいるんじゃないでしょうか。とても素敵ですよ^^
2008年03月20日 16:42
野の花も可愛いお花たくさんありますね!
春は特に散歩をするのが楽しいです^^
いい歌です、なんだか私も元気がでてくる!
ひまわり
2008年03月20日 22:26
ベンさんへ
ホトケノザ、今までは、抜いていましたよ。ベンさんの写真みてから、なんて、可愛いのだろうって、気づかせてもらいました。草だと思うと草だし、私って勝手ですね~今も、PCの横に飾っていますが、我ながら、うまくいったかな?なんて満足しています。ホトケノザの涙?は、見えそうで見えない?泣きやんだあとかな?
ひまわり
2008年03月20日 22:33
m_merryさんへ
庭ではびこっていると、抜いていたホトケノザを生けてみるかあ~ってね。これから、川辺や、土手に野の花を見かけるようになりますね。つくしも、生けられるのかな?あれは、水あげ無理でしょうね・・・
車で歌をリピートで聴くものですから、娘に、またあ~とか言われてしまっています。車降りてからも、口づさんでいるのは、娘の方ですが・・・