7年が経ちました

大腸癌の手術をして もうすぐまる7年です

おかげさまで 元気で 働いています


今日11月27日は 大腸カメラの検査を受けました

結果は 異常なしでした

前回の検査から4年空いていましたので 緊張しました

一年ごとにCT検査を受けて 半年ごとに血液検査もして

順調に 異常なく過ごしています

経過観察と腸の漢方の処方に 今もなお毎月受診しています

抗がん剤の副作用で手のしびれはすでに治りましたが 足の指のしびれは今もあります

しびれの漢方も服用しています

足の感覚がないので 歩くときにこけないように 気をつけています



私の場合 検査当日の ムーベンを 4リットル服用しても 腸が綺麗にならない体質です

なので 改善策として

今回は 検査食を2日前から 食べて 昨日の夜と今朝に下剤を飲みました

検査食を2日続けることは お腹が減るので 少しだけつらいです

ムーベンを2リットル飲んでも 綺麗になってこなかったので

看護師さんに観便していただきながら ムーベンを 200mlづつ追加して

何度もトイレに駆け込みました

追加1リットルでようやく 検査が可能な状態になり看護師さんのOKがでました

朝の9時からスタートして 11時半に 綺麗になりました

今までは 夕方の4時でもOKが出ない状態でしたので

看護師さんも 一緒になって 喜んで下さいました

万全の状態で検査がスタートしたかと安心していたのですが 

検査時間が1時間15分かかりました

腸の中に たくさんの水分が溜まっていてそれを抜く処置から始まりました

看護師さんがお腹を押さえて下さることで水分が抜けるのですが 結構お腹が圧迫されて痛いです

一か所 カメラが通りにくい箇所が あるということで

先生がカメラを 柔らかいカメラに交換して下さったり レントゲンを撮りながら進行して下さいました

カメラが入り通りにくい要因の中に

もともと 私の腸は腸の固定(じん帯)が少なく 今日は腸が定位置にないということと

加齢に伴って 腸の脂肪や 腸の体制が変わってきたということも考えられるようです

腸はじん帯で固定されている人と私のように固定が少ない人もいるので

腸の病気ではないので安心してください 

一週間後には スムーズにカメラが通るかもしれないので 気にしないでください

と先生が 検査の途中で説明して下さり 私を安心させてくださいました

以前の検査の際も 入りにくい場所があることは おっしゃってましたが

今日は 今まで以上に かなり苦心して下さいました

身体を上向きや横向けになったり どうにかこうにかカメラを全通して検査を終えて下さいました



毎回 先生泣かせの患者です

心から感謝しています

優しい言葉かけをして下さる看護師さんにも 感謝しています



検査により負担が大きいので 検査後 普通なら30分の安静を1時間して

3日前のCTの検査結果も 異常なしの説明も受けて 帰りました

安心しました



手術をしてお腹がガスで張り 腹痛で半日くらい苦しむ時もありますが  

その時は お腹を温めて横になります

この7年間 腸閉塞が 起きなかったことを喜んでいます

これからも ガスの出やすい食べ物に 気をつけて

空腹時に お茶を がぶ飲みしないように気をつけて

食事は腹9分目?くらいに抑えて 小腹が空いたら パンを食べて空腹にならないように

気をつけていこうと思います

畑の仕事がら お茶を たくさん飲みます

がぶ飲みすると 空気もたくさん飲んでしまうので おなかが張ります

お腹が張る原因が 7年めにしてやっとわかってきました

もっとも ストレスを溜めないことが 一番かもしれません

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント